カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. キャリアパスとはどういう意味か解説!企業での必要性や導入メリットは?I T転職で人事のプロを目指そう
  • 転職活動

キャリアパスとはどういう意味か解説!企業での必要性や導入メリットは?I T転職で人事のプロを目指そう

キャリアパスは労働に関する社会構造の変化に伴って出現した「人材育成」の観点で必要な考え方とされています。今後企業に求められる人材であり続けるために、キャリアパスの重要性を理解しておきましょう。本記事では企業にとってなぜキャリアパスが必要とされているのか、キャリアパス制度を導入するメリットとはどういったものなのか、幅広く解説します。

キャリアパスとは

 

キャリアパスの意味

 

就活

 

キャリアとは「職業上の経歴」のことを指し、パスとは「道」のことを指します。

この2つの言葉を組み合わせた言葉がキャリアパスです。

キャリアプランを形成する際に目標を立て、目標を達成するための経験の積み重ねや能力を高めるための道筋のことを意味しています。

 

キャリアパスとキャリアプランの違い

 

キャリアパスと似たような言葉にキャリアプランがあります。

これは今後の人生においてどのような仕事に就き、どのようなスキルを身につけ、どのような人生を歩むのかについての計画のことです。

同じ言葉のように思えますが、キャリアプランは転職や独立を視野に入れた人生計画のことをいいます。

一方でキャリアパスは在籍している企業でキャリアアップを目指すために設定した目標を達成する道筋のことをいいます。

キャリアプランについては働く個人が大きな裁量を持っていますが、キャリアパスの場合は在籍する企業に限定します。

そのため、企業が親身になって社員のキャリアアップについて考えなければいけません。

もちろん自分のキャリアパスですから、社員もその人生設計に納得できるものなのか考える必要があります。

 

無料転職相談に登録して最高のキャリパスを歩もう

 

キャリアパスが誕生した背景

 

JOB

 

これまでの時代は、ひとつの企業に就職して定年まで働く終身雇用制度が当たり前となっていました。

かつては就職氷河期と呼ばれた時代もあり、就職活動で内定をもらえないのが当たり前という時代も経ています。

時代が進むにつれて人口が減少したことによって、求職者が企業に入らせてくださいというより企業が求職者を探すようになりました。

労働者にとって買い手市場から売り手市場になったのです。

そうなると企業側は優秀な人材を他社よりも早く確保する必要があります。

今いる会社でキャリアアップを目指した明確な目標を立てれば、自分のキャリアについて考える機会が得られます。

そういった経緯で人材流出のリスクが下げられるとして、キャリアパスという考え方が生まれました。

 

キャリアパスの必要性

 

企業にとっての必要性

 

データ

 

先ほども述べたように、企業にとっては優秀な人材にできる限り長く自社で働いてほしいという思いがあります。

人材の流出を防ぎつつ、高いスキルを持つ優秀な人材へと育て上げることで企業にとって大きな財産となるからです。

社員に「この企業に採用されたい」と思ってもらうためには、将来に不安を持つ人々に将来性のある企業だと知ってもらう必要があるでしょう。

企業が社員のキャリアやビジョンについて考えることで、社員のために親身になってくれる会社として信頼感が生まれます。

キャリアパス・明確な道があることで寄り道せず業務に傾注できることが、働きやすさにもつながるのです。

結果として、キャリアパス制度の導入が優秀な人材の確保を促すことになるでしょう。

 

社員にとっての必要性

 

右も左もわからない新卒社員は今後どのようなステップを踏んで企業に貢献していくのか自ら見通すことができません。

どのようにして自分自身の価値を高めていけばよいか、とい点を考えるのも難しいでしょう。

また中途採用の社員の場合、同業種で実務経験があるからといってキャリアアップへの道筋はまるで違うものになります。

そのため、やはり企業がキャリアパスを形成していく必要があるでしょう。

目指すべき職位を得るためには、その職位にあった専門的知識やスキルが求められます。

いくらやる気があっても、どんなスキルを身につけるべきか分からなければ努力のしようがありません。

どのような職位が期待され、どのような専門的知識やスキルが求められるのかを把握することで、自分の市場価値を知ることができます。

 

キャリアパス制度を導入するメリット(企業側)

 

優秀な人材の確保ができる

 

階段

 

キャリアパスにより目標や目標達成に必要なスキル等を明確化することで、取り組むべきことも分かりやすくなります。

努力の方向性が明確になると、入社してから仕事をこなすだけで毎日が過ぎていくことがなくなります。

そこから得られるメリットは仕事に対するモチベーションの向上です。

モチベーションが維持・向上できる会社を嫌がる社員はいません。その結果優秀なスキルや実績を持った人材の流出を防ぐことができます。

 

人員配置の参考になる

 

会社は1つの拠点に多数の社員が在籍しており、その人の特性やスキル・能力などを総合的に見て配属先が決まります。

企業と社員の双方でスキルや能力が共有できると人員配置がしやすくなると同時に、社員と配属先の部署でのミスマッチを減らすことができます。

企業と社員の間で人員配置のトラブルが発生しづらくなるのです。

結果として社員の不満が減るため人材流出の防止につながります。

 

業務効率化につながる

 

カレンダー

 

上記2つのメリットを総合して、自分の目指すべき道筋や努力すべきことが明確化すると、仕事をする際に寄り道することがなくなります。

また適材適所の人員配置が実現することで、業務効率の向上や残業時間の削減も見込めるのです。

働き方が見直される今、会社全体の働き方を改善するひとつの方法だといえるでしょう。

 

キャリアパス制度を導入するメリット(社員側)

 

人生設計プランが立てやすい

 

ファイル

 

キャリアパスにより仕事でどのような努力をすればいいか明確になることはもちろん、大きなメリットがキャリアアップによる収入の増加です。

社会人になると結婚や出産といった大きなライフイベントに備える必要性があります。

収入が増えると資産に余裕ができ、ライフプランが立てやすくなります。

 

積極的になる

 

キャリアパスがあると必要なスキルや努力すべき方法が明確なため、スキルアップのための行動を起こしやすい環境を確保できます。

これが努力するためのモチベーションの向上につながります。

またキャリアアップすると自己肯定感が高まるのも大きなポイントです。

多くの経験を積んで何か1つ自信が持てるようになると、それまで避けていた業務に対しても積極的になるでしょう。

多くの業務を経験することでさらなるレベルアップが期待できます。

 

ワークライフバランスが充実する

 

開放的な家

 

企業として業務効率化が実現するようになると、プライベートの時間をそれまで以上に確保することができるようになります。

プライベートの時間が増える分、趣味に時間を使ったり、身につけてみたいことの勉強や練習のために時間を使うことができ、ストレスの発散や自己啓発ができるようになります。

 

キャリアパス制度の導入事例

 

株式会社みずほフィナンシャルグループ

 

human

 

自己啓発と研修・OJTの三位一体型のキャリア支援に着手しています。

それだけにとどまらず「ジョブフェア」と呼ばれる様々な職種や職位を持つ社員と対話するイベントを行なっています。

自分の今の職種と同じ社員、あるいは将来的な目標となる職位を持つ社員、興味のある別の職種を担当する社員と直接つながることができるイベントです。

これによりキャリア形成やキャリアパスのロールモデルを発見し、モチベーションの向上につなげます。

長く働き続けられるか不安な女性を中心として継続率や産休育休取得率が増加し、女性管理職比率も増加しました。

 

医療法人 寿芳会 芳野病院

 

独自のキャリアパス制度の「クリティカルラダー制度」を設けています。

経験年数だけに限らず個々の習熟度に合わせた目標の設定と教育体制により、キャリア形成のビジョンを持てるようになりました。

個々に合わせた教育が周りの習熟状況との比較というストレスをなくし、キャリア形成に対するモチベーションが向上しています。

その結果人材の確保・定着率の向上につながりました。

 

キャリアパス形成において必要なこと

 

女

 

キャリアパスはあくまでも社員が現在の会社で向上心を持って働くためのものです。

キャリアパス制度を導入する企業が「こういう手順でこういうスキルを持てるように努力してください」と押し付けるだけではいけません。

実際多くの企業で様々なキャリア支援制度が綿密に作られています。

しかしあまり綿密に作りすぎると社員の個性や時代の変化の流れに対応出来ない可能性が高まります。

そのため、その人に合ったスキルを身につけてキャリアアップができるように、キャリアパスに柔軟性を持たせることが必要です。

またキャリアパスを現実味のないものにしてしまうと、目標達成のためのモチベーションの低下につながります。

キャリアパスを設定する際は現実味のある目標を設定するのが望ましいでしょう。

社員のことを十分理解していなければこの線引きができません。腕の見せ所です。

 

IT転職で人事のプロを目指そう

 

bulletin

 

人事部で働く労働者の視点で考えると、キャリアパスを導入している企業とIT転職は好相性だといえます。

IT自体が勢いのある業界ですし、今IT業界の働き方に対する考え方が変化しつつあります。

より柔軟なキャリアパスを社員に示せるプロの人事社員になるためには、職種ごとのスキルや資格をリサーチする必要があります。

また既存社員がどのようなキャリアパスを辿っているかといった状況把握も重要です。

これらを総合的に管理できるシステムを自ら考え、提案する力を持つのはIT経験者ではないでしょうか。

開発自体は別の職種が行うかもしれませんし、会社の規模によっては外注も活用されます。

ですが最良のキャリアパスを示すために必要なシステムが考えられるのは現場の担当者だけでしょう。

現在はHRTechの導入も進み、人事業務の効率化が進んでいます。効率化すべき部分と人が担うべき部分をしっかりセパレートしましょう。

テクノロジーやAIではカバーできない部分に自身のリソース全てを注ぎ込むことができれば、企業の成長に大きく貢献できるはずです。

IT経験が活かせる人事業務にどういったものがあるか、まずは転職エージェントにご相談ください。

 

無料転職相談に登録して充実したキャリアにしよう

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。