カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 面接で条件の確認をするのは良くない?マイナスなイメージを与えずに条件を知る方法とは
  • 転職活動

面接で条件の確認をするのは良くない?マイナスなイメージを与えずに条件を知る方法とは

転職活動には、絶対避けては通れない面接。様々なことを聞かれる中で、最後に聞かれる質問。「何か質問はございますか?」あなたなら、本当に聞きたいことを質問できますか?今回は、面接時に条件の質問をして良いのか、そして、相手にマイナスイメージを持たせない確認の方法について解説していきます。この記事を読めば、面接で良い印象を与える助けとなるでしょう。

面接時に条件を聞くことは失礼?

 

 

結論からいうと、面接時に条件を聞くことは失礼ではありません。むしろ、面接官は仕事内容や条件、待遇に関して、あらゆる質問を想定して、面接に臨んでいます。

ただし、聞く際には以下の点に注意しましょう。

 

募集要項に明記されていることは聞かない

 

募集要項には、すべてとは言わないまでも、概ねの、会社が提示する条件や待遇が書かれています。それについて深掘りすることは問題ありませんが、書かれている内容を確認せずに質問するのは、確認不足として、悪い印象を与えかねません。しっかりと、準備をしてから面接に臨みましょう。

 

企業HPに記載してある内容は聞かない

 

採用ページや募集要項以外に、会社の職務内容や特徴的な福利厚生などを記載している企業もかなり増えています。明記されていない部分は、質問しても構いませんが、聞く際には、HPを確認した旨を伝えると良いでしょう。

 

(質問例)

「御社のHPを確認いたしまして、〇〇の福利厚生があることは存じ上げておりますが、△△といったものはございますでしょうか?」

 

失礼のない質問をする

 

当然のことかもしれませんが、いくら条件が知りたいからといって、「私の理論年収はいくらですか?」など、直球過ぎる質問は避けましょう

面接時においては、まだ未定な場合も多いですし、仮に決まっていたとしても、あまり気持ちの良い聞き方とは言えません。

 

条件を聞く際のポイント

 

 

では、具体的にどのように質問をすれば良いのでしょうか。

聞くときのポイントは、ずばり常にGive&Takeを心がけることです。

 

前職との比較

 

なぜこの質問をしたのかを明確にするために、前職での待遇を提示した上で、質問をすると良いでしょう。いくら面接官とはいえ、他社の福利厚生や待遇などをこと細かに把握している場合は少なく、その面接をきっかけに会社に導入する場合もあります。御社にとって、プラスになる情報を提示した上で、似たようなものがあるのかどうかを聞くことは、うまい聞き方と言えます。

 

(質問例)

「前職では、手当てとして、〇〇と〇〇がありました。御社の募集要項に明記されておりました〇〇と〇〇以外に何か手当てのようなものはございますでしょうか。」

 

自分の理解している点を伝える

 

面接官は、あなたがどこまで理解しているのか分かりません。あなたの理解度によって、イチから説明すべきなのか、ある程度途中から説明してもよいのか、が変わります。どの部分に疑問を感じているのかを明確にして、質問をしましょう

 

(質問例)

「今後のキャリアといたしまして、5年でマネージャー職につきたいと考えております。御社は、年功序列ではなく能力で評価をしており、30代の方でマネージャー職につかれている方もいらっしゃると伺っておりますが、現在マネージャーの方は何名いらっしゃって、それぞれ何歳くらいの方々でしょうか。」

 

意欲が高いことを示す

 

条件の質問がどんなに失礼でないとしても、条件の質問ばかりしてしまうと「職務内容ではなく、お金目当てなのでは?」という印象を与えかねません。そういった目的の場合、会社の風土に合わずすぐにやめてしまう可能性も懸念します。

あなたが、御社に興味があるからこそ質問をしています、というアピールしながら、質問をしましょう。

 

(質問例)

「私は、御社の事業が未経験でございます。早く事業内容を理解し、今までの〇〇という経験を活かしながら、御社の役に立ちたいと考えております。業界未経験の人のための研修制度は、何かございますでしょうか。」

 

面接時にNGの質問

 

 

基本的には、どのような質問でも面接官は対応しますが、質問の内容によってはマイナスイメージを持たれてしまいます

面接でNGの質問についてご紹介します。もし、以下の質問をしようと考えていた方は注意しましょう。

 

会社が成長させてくれることを期待する質問

 

(質問例)

「御社に入社した際には、英語を頑張ろうと思うのですが、御社には何かサポートはございますでしょうか。」

 

成長したい気持ちは素晴らしいと思います。しかし、会社が何かを提供してくれることを期待しすぎるのはよくありません。会社は働く場であり、学校ではありません。むしろ、あなたが会社に対し、何かを提供しなければなりません。あなたが、何を提供できるのかをきちんとアピールできる質問をしましょう。

 

なぜ応募してきたのかわからない質問

 

(質問例)

「明確な目標はまだありませんが、1年目は仕事を覚えて、しっかりと御社に貢献できるように頑張りたいです。そのために、何か準備しておいた方が良いことはございますか?」

 

良さそうに見える質問ですが、基本的に企業側は、中途に対し、即戦力や前職の経験を生かして活躍してほしいと思っています。ところが、この質問からはなぜ応募してきたのか、今後何がしたいのかが明確ではありません。

今後の明確なビジョン、そして今あなたができることを明確にした上で、足りない部分があることを伝えることで、分析力や入社後の行動のイメージができていることをアピールできます。

 

面接官はなにをみているのか

 

 

企業側はあなたに今までの経験を活かして活躍してほしいと願っています。そもそもあなた自身が、その企業で活躍するイメージができているのかを冷静に観察しています

質問を1つとっても、あなたが本気で転職を考えているのかは伺えます。ですから、あなたは面接前に、しっかりと自己分析し、どのような能力が活かせるのかを考えてください。そしてあなたを採用した結果、会社にどのような利益をもたらすことができるのかを明確にして伝えてください。

面接の質問の中で聞かれることが理想的ですが、中にはあなたの魅力を引き出してくれない面接官もいます。そういう時こそ、あなたからの質問をうまく活用しましょう

 

さいごに

 

 

面接官は、面接であなたのことを深く知ろうとしています

条件や待遇についての質問を1つとっても、あなたの仕事についての価値観やその企業に対する姿勢が見えてしまいます。

もらうお給料や福利厚生は、とても大事です。その点をないがしろにするべきではありません。ただし、面接の場では必ず、あなたが提供できるものしっかりと伝えてから聞くようにしましょう。

 

面接はあなたを企業にアピールする場であると同時に、あなたが企業を知る最高の場でもあります。せっかく転職したのに、入社をしたら思っていたものと全然違った。こういったミスマッチが発生してて早期退職する人も少なくありません。

どんなに転職するのが当たり前の時代とはいえ、早期退職は、場合によっては書類選考で不利になるケースもあります。次の転職が難しくなってしまいます。

そういったあなたのキャリアを、守るためにも、疑問に思ったことはドンドン聞いてみましょう。

そして、ぜひ最高の職場で、キャリアアップをしてください。それが、あなたにとっても、企業にとっても、良い未来につながるはずです。

michika

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。