カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Geekly コラム
  4. 【Facebook社がMeta(メタ)に社名変更】話題のメタバースとは?
  • Geekly コラム

【Facebook社がMeta(メタ)に社名変更】話題のメタバースとは?

Meta(メタ)に社名変更を発表したFacebookとそのMetaが注力していくとされているメタバーズについて解説します。注目のメタバースについて理解した上でFacebookの社名変更と事業について知っていただければ幸いです。

Facebook社の社名変更


2021年10月28日、Facebookは社名を「メタ(Meta)」に変更すると発表しました。社名変更後も、同社が運営するサービスの名称は変わらないとのことです。

つまりは今までと変わりなく、SNSアプリであるFacebookやInstagramなどのサービスはそれらの名前で利用できるとのことです。

メタ(Meta)は現在もつSNSのサービスは継続しつつ、新しい企業ブランドとなる事業を進めていくようです。

 

メタバースを新たな事業の中核に

 

新たな社名のもと、メタバースの構築に注力する。VRや拡張現実(AR)などの技術を組み合わせて仮想空間で遊んだり交流したりできる基盤を作り、関連サービスを拡充したい考えだ。ザッカーバーグ氏は今年7月、「数年内に当社はSNSの企業からメタバースの企業へ変わる」と説明していた。

-日本経済新聞「Facebook、社名を「メタ」に変更 仮想空間に注力」

 

同社は今後、メタバース事業に注力していくことを社名の変更と同時に発表しています。SNS企業ではなく、メタバース企業となることは従来のFacebookの印象とは少し変わってくるようにも感じます。

このメタバースという技術自体に対する意見は様々ありますが、そもそも一体メタバースとは何のことなのか、どのような技術であるのかをご紹介していきます。

 

そもそもメタバースとは

オンライン上に構築された3DCG仮想空間

 

メタバースとは、オンライン上に構築された3DCGの仮想空間のことです。

今回話題に上がっているメタバースという言葉はもとはメタ(meta:超)とユニバース(universe:宇宙)から作られた合成語です。仮想空間そのものを表す言葉でした。

現在では上記のようにオンライン上に構築された3DCGの仮想空間のことを指しており、アバターなどを使って多人数で参加できるものであるのも特徴の一つです。

メタバースでは、リアルとバーチャルの融合を感じながら、その空間で自由にコミュニケーションをとったり娯楽を楽しむことが出来ることが大きな魅力です。

代表的なメタバースのご紹介

 

代表例はゲーム

メタバースの代表的な例ではゲームがあげられます。
例えばコロナ禍で大人気となった「あつまれ どうぶつの森」もメタバースの一つです。

その他にもEpic Games(エピックゲームズ)が販売・配信するゲーム「Fortnite」「ファイナルファンタジーXIV」などもメタバースの代表的な例です。

 

ゲーム以外でも

ゲーム以外でも、いわゆるVR×SNSのサービスのものもメタバースの例であります。

2000年代後半に一時期ブームとなった「Second Life」や、音楽ライブや発表会などのイベントを誰でも自由にバーチャル空間として作れるサービスである「cluster」などが例としてあげられます。

VR関連職種の求人を紹介してもらう

 

メタバースには今後も注目必須


ゲームの世界をよりリアルに感じることができたり、仮想空間上で沢山の人とコミュニケーションを取ることができたりと、魅力的なメタバースですが、今後はビジネスとしての実用性も考えられます。

The Vergeの記事では、Facebook CEOのザッカーバーグ氏が「メタバースは個々のクリエイターやアーティストに大きなチャンスをもたらすだろう」と語ったことが紹介されていました。

都会の中心から遠く離れた場所で働き、家を所有したい個人のため、教育やレクリエーションの機会がより限られている場所に住んでいる人々のために、実現されたメタバースはテレポーテーションデバイスの次の一手になる可能性があると彼は言います。

– The Verge「Mark Zuckerberg is betting Facebook’s future on the metaverse

実際に今回Facebookがメタバース事業に注力をしていくことを発表したことも、今後の拡大の可能性を強く感じてとのことです。

 

まとめ

 

今回はFacebookの社名変更と、その際に注目されたメタバースについてご紹介させていただきました。
この言葉は知らなくとも、ご紹介したゲームやSNSをご存じの方は多くいらっしゃったと思います。

現在はゲーム業界を中心に3DCGの仮想空間を活用した製品やサービスの開発が行われていますが、今後メタバースがどのように拡大していくのか、この記事をきっかけに是非注目してみてください。

 

また、ゲーム業界やメタバース、3DCGに関する職種のご紹介もギークリーではご相談ベースから承っております。ご興味をお持ちいただけた方は、IT・Web・ゲーム業界専門転職エージェントのギークリーにご連絡いただけますと幸いでございます。

ゲーム業界の求人を紹介してもらう

 

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook